システム紹介

入庫管理機能

ハンディターミナルを利用し、作業を確実でスピーディーに。

入庫予定入力

お客様から入庫情報をあらかじめ入力(データー取込)しデーターベース化する。

入庫検品

入庫日にはハンディから入庫情報を読取りり、商品スキャンすることで検品完了。

ロケーション入庫

ハンディより読込まれた入庫指示に従い、商品入庫完了

入庫情報送信

検品完了・ロケーション完了情報をデーターベースに送信し、入庫入力の手間を省く。

出庫管理機能

業務の効率化と精度の向上を狙った管理機能システム。

出庫予定入力

お客様より配送依頼情報をあらかじめ入力しデーターベース化する。

ピッキング機能

ハンディより出荷情報を読込み、ピッキングを行う。

↓

ピッキングミスの軽減。

出庫情報送信

ピッキング完了

↓

積込完了した商品情報をデーターベースに送信し、出庫入力の手間を省く。

在庫管理機能

リアルタイムに在庫を把握しながら、入出荷作業を管理。

在庫問い合わせ

ハンディにより、入出庫情報がリアルタイムに在庫データに反映

↓

在庫問い合わせにも迅速に対応が可能

棚卸機能

ハンディによりスキャンすることにより実在庫のカウントの迅速化し棚卸作業時間を軽減

↓

倉庫の稼働率を高める

ロケーション移動

倉庫内のスペースを効率的に管理するためにロケーション移動情報を持たせることができる

↓

商品が分散しても先入れ先出し出庫を可能にする

運行管理機能

運転情報を的確に把握し、柔軟で効率的に作業指示。

配車管理

出荷指示入力の際に、出荷日・配送先・車両績載率を元に最適な配車管理を行う。

運行前点検

各車両・ドライバーの運行前点検を車両端末より可能のため車両の出庫時間を早めることができる

業務管理

業務連絡や緊急連絡など各車ドライバーへの連絡事項を一元送信し、各車端末より開覧確認が取れる。

積載管理

着荷情報を各車両からデーターベースに集めることにより、リアルタイムに各車両の積載率を把握、緊急対応や集荷指示を出すことができる。